サッカー知識

【3分で徹底解説】DF(サイドバック)の重要な役割&動きをサッカー部が語る

サイドバックのポジションの役割と動きが分からない方必見♪

特にサッカー・フットサルの経験が無い方は、「サイドバックのポジションの役割や動きが分からない…」と悩んでいると思います。

そこで今回はサッカー歴15年以上の体育会系サッカー部が”プレーヤー目線”でセンターバック について徹底解説してみました

こんな方におすすめ

  • サイドバックの動きがわからない
  • どの選手を見ればうまくなる?
  • サイドバックって自分に向いているの?

サイドバック(DF)の役割とスキル

「サイドバックってどこ!?」

って思う人もいるので、位置を確認!

サイドバックとは、サッカーのポジションの中で守備側の両方のサイドに位置します

サイドバック(DF)に必要な役割

サイドバック(DF)とは

サイドボックはまず攻守においてサイドを支配することが重要です!

主にこの3点がサイドバックに求められる役割です。

サイドバック の役割

サイドに追い込んで、ボールを奪う

サイドハーフのフォロー

DFラインを指揮する

サイドバックの主な役割としてはやはり「守備」です。

ともかく1vs1に負けてはいけません。

サイドハーフは基本ドリブラーを置いてくるので、一対一の局面が圧倒的に多いです。ここで負けてしまうとかなりピンチを招いてしまいます。

現代のサッカーでは攻撃的参加が求められるようになりました。

しかし、バックという名が付いているからには守備を疎かにはできない。まず守備があっての攻撃です。

マルセロのような2、3人に囲まれてもトリッキーなボールタッチを多様し、攻撃型選手を参考にするのありですね

 

サイドバック(DF)に必要な4つのスキル

ムーチン
 ボランチのポジションをする選手ならこのようなスキルは最低限必要でしょう。

サイドバック のスキル

  1. 一対一で相手に抜かれない守備力
  2. DFラインのルールを守る組織力
  3. 自陣から敵陣に行き来する体力
  4. 攻撃の組み立てにおけるゲームメイク力

一対一で相手に抜かれない守備力

+一対一で相手に抜かれない守備力

これはどのチームに行っても共通することで、

サイドバックというポジションを行うためには欠かせないこと「守備」です!

サイドバックは簡単にクロスをあげさせたり、一対一で抜かれてはいけません。

カウンターをくらった時、サイドからえぐられる時は絶対に相手にクロスをあげさしてはいけません。

仮にシュート打たれそうになった時もコースをある程度限定させ、、打たれるのではなく、ワザと打たすのも大事です

必ずしも1対1=ドリブル対応ではないです。

ワンツーにも対応しなければならないし、くさびのパスが入った後に素早く次のポジションに移行できなければなりません。

相手のサイドの選手は基本的に足の速い奴が多いです。

 

そして、コートのサイドで全体を見れるポジションなのでセンターバックやDFのラインをコントロールする「声かけ」「組織力」も大事になってきます。

そして、長友選手が得意とする

「体力」であったり、

両足からでもクロスを上げることができる「クロス精度」も高めていく必要があります。

 

サイドバックで「こいつ上手いな」と思う選手のポイントは”ピンチな時に冷静にプレーできること”です。

サイドの後ろなので、2人に囲まれる時や後ろを向いてボールを受ける時に

どれだけボールを失わずにそのピンチを脱却できるかが大事です

 

サイドバック(DF)に必要な”3つの動き”

ムーチン
それでは、サイドバックに求められる動きについて詳しく説明していきます。

DFラインをコントロール

一人だけがラインが高かったり、低過ぎたりしてはいけません

チームで声をかけあいラインを調整しなければなりません。

それをするのが、後ろでコートを広く見えているサイドバックの役割です。

コントロールのやり方

  • ラインを高くして、コンパクトに
  • 攻撃しているときにバックラインを上げて、全体を押し上げる
  • ラインを上げ、裏のスペースを消す

こんなことを両サイドバックが声をかけることによってオフサイドをかけたり、相手のパスをインターセプトしたりできます。

注意ポイント

DFラインがしっかりと調整できてないとスペースが空き、相手に攻められやすくなるということです

他にもサッカーでは中央を突破されることはサイドを突破されることよりもピンチになるので、センターバックのカバーも大事です。

 

オーバーラップ

オーバーラップとは

ボールを保持しているプレイヤーを、後ろの選手が追い越していくプレー

サイドバックっていうのは攻撃でも守備でも味方を助ける大事なポジションです。

攻撃の時にはサイドハーフをサポートするために最前線まで駆け上がっていく「スプリント力」がいりますし、相手にボールを奪われた時には全力で自陣までプレスバックする必要があります。

サイドバックが攻撃に参加することで、攻撃に厚みをもたせることができる

 

ポジショニング

サイドバックの位置というのは対戦相手にとって

プレスをかけやすい場所

であり、タッチラインで戦うことが多いので、必然的にボールの奪いどころになる。

前線からプレスをかけてくるチームだと、インタセプトを狙わたり、後ろで回している時にカットされたりなどピンチになりやすい。

 

そこで、求められるのは▼個人でこんな状況でも

  • 中を切られてパスコースがない
  • タッチラインで相手に囲まれた

 

落ち着いて前を向けたり、簡単に相手をかわしてりできる選手

「味方が攻めている時に自分が攻撃参加するべきか?」ってことも重要ですね。

例)逆サイドのSDがあがっているのに勝手にサイドをあがったりするなど言語道断。

 

参考にするボランチ(MF)海外サッカー選手ベスト3

マルセロ

チーム/代表 レアル・マドリード(ブラジル代表)
身長/体重 174cmcm|75kg
利き足
プレーの特徴 足元の技術
生年月日 1988年5月12日

マルセロの魅力※クリックするとみれます

マルセロの最大の特徴はブラジルらしいトリッキーなボールタッチを多様し、見ている観衆をも沸かせるテクニックです。ヒールリフトやヒールパス、エラシコやクライフターンなど様々な技を惜しげもなくやってのけウイングまでもこなせる攻撃機能は正に異次元の領域と言えます。

カルバハル

チーム/代表 バルセロナ(スペイン代表)
身長/体重 173cm|73kg
利き足
プレーの特徴 高い守備力とキープ力
生年月日 1992年1月11日

カルバハルの魅力※クリックするとみれます

攻守で存在感を放つ世界最高峰の右サイドバック。独力で局面を打開しボールを前に運ぶことができ、絶妙のクロスでフィニッシュにも絡む。また、優れたカバーリング能力とクレバーなタックルで相手を食い止める。中、外とどんなアングルでも最適なプレーを見せ、チームにブレーキをかけない。身長173cmと高さでは見劣りするが、それを差し引いても彼がナンバーワンだろう。

ダニエウ・アウベス

チーム/代表 パリ・サンジェルマン(ブラジル代表)
身長/体重 172cm|70kg
利き足
プレーの特徴 オールマイティー
生年月日 1983年5月6日

ダニエウ・アウベスの魅力※クリックするとみれます

バルセロナ、ユベントス、パリ・サンジェルマンと各国のチャンピオンクラブに重宝されるダニエウ・アウベス。スピード、パワー、技術、戦術理解度など様々な能力を持ち、それらを余すところなく発揮する。ロシアワールドカップは怪我で欠場となった。“たられば”だが、彼が万全ならブラジルの結果も変わっていたかもしれない。

 

サイドバック(DF)の役割と動き まとめ

ムーチン
サイドバック(DF)に向いているかや動き方がわからなかった人はどうでしょうか!?

サイドバックの選手は決して、身長が高いわけではありません。

”パワーがある選手”より、”スピードを備えている選手”の方が適性だと言えますね。

サイドバックはあまり目立ちませんが、ものすごく動きや連携など複雑で多くのタスクをこなさなければいけないポジションです。

サイドバック の動きや関連動画

ムーチン
YouTubeでのFWの参考になる厳選した動画Pick Upされています♪

ムーチン
それではでは...

© 2020 体育会系ブロガー Powered by AFFINGER5