サッカー

【全国経験者が教える】フォワード(FW)の重要な役割&動きについて徹底解説!

サッカー男子ユーチンムーチンです!

この記事が参考になる人
  • フォワードの動きがわからない
  • フォワードって自分い向いているの?
  • どの選手を見ればうまくなる?

 

ムーチン
ムーチン
サッカーの点をとるポジション「フォワード(FW)」の試合中の役割と動きについて初心者の方でもわかりやすく解説していきます。

 

フォワード(FW)の役割とスキル

フォワード(FW)の役割

まずは、フォワードのポジションの役割について説明します。

フォワードは点を取ることが1番重要です!

どんな形であれ、得点を取ること・絡むことが求められます。

主にこの3点がフォワードに求められる役割です。

  • 前線で点を取る
  • 前からプレスをかける
  • 前線でボールを受けて、チャンスを作る

 

まず、このポジションは点を取ることが全てです。

つまり、結果が求められます。

その分、点を取った時は誰よりも目立ち、チームになくてはならない存在になります。

 

そのフォワードにもいろんな種類のプレイヤーがいます。

ロナウドやムバッペのような足が速く、裏への抜け出しがうまい選手

大迫のようなキープ力があり、前線でゲームを作れる選手

岡崎のような競り合いが強く、守備的選手

 

など、フォワードの中にもいくつかの種類の選手が存在します。

その中でも最も多いタイプがロナウドやムバップのような足が速く、裏への抜け出しがうまい選手です。

 

ムーチン
ムーチン
フォワードといったらやはり、圧倒的に足が速い選手が多いです

 

フォワード(FW)に必要な4つのスキル

フォワードをポジションとする選手は少なくともこの4つのうちのどれかは持っていた方がいいでしょう。

 

  • どんな態勢からでも点を取ることができる決定力
  • 前線で上手くアプローチができる判断力
  • ゴールキック・クロスで競り負けない高さ
  • ボールを取られないキープ力

この4つのどれかは武器になります。

あなたがもし、身長が高いのならコーナーキックやゴールキックで武器になります。

あなたがもし、身体に自身があるなら前線で味方からもらったボールをキープし、ポストプレーにつなげることもできます。

かならずしも、フォワードは点に直接影響しなくても大丈夫です。

これが大まかなフォワードのスキルと役割でした。

【ベンチプレス100kg】を挙げるまでの5年間の見た目の変化!メニュー・参考動画も公開遂にベンチプレスを含めた筋トレをはじめて5年目でようやくベンチプレス100キロ達成することができました! ベンチプレス100kgは男なら誰でも到達したいと思いますよね?これまで僕がやってきた筋トレを始めたきっかけから100kgまでの期間・食事・体の変化・参考にした動画などを紹介していきます!...

 

フォワード(FW)が点をとるための”3つの動き”

  • 相手DFの裏への抜け出し
  • ポストプレー
  • 相手のミスを誘うプレス
ムーチン
ムーチン
それでは、フォワードが求めらる動きについて詳しく説明していきます。

相手DFの裏への抜け出し

フォワードは常に相手のDFの最終ラインの裏を狙う動きをする必要があります。

よく、監督から「背後を狙え」と言われます。

DFが1番やられたくないこと”裏を取られること”です

▼このようなイメージです

裏を取られてしまうと、キーパーと1対1を作られてしまい、決定的なシーンを与えてしまうからです。

裏を狙いつづけると、DF陣も「ラインをあげる」・「コンパクトに守備陣形を整える」など対策をしてきます

なので、ただ裏を取る動きだけではダメです。工夫が必要です!

ムーチン
ムーチン
続いてはポストプレーです!

 

ポストプレー

これは日本代表の大迫選手が得意なプレーです。

▼見て欲しい瞬間

  • 1:07
  • 1:20
  • 1:31
  • 3:37

彼のような味方からボールをもらい、”くさびのプレーやポストプレーと呼ばれる”

攻撃のときの方法で、主にFWの選手が、相手のDFの前で、味方選手から相手のMFの間をとおるパスを受けるというプレーです。

このプレーをすることにより、「相手にどのマークをつかせるか混乱させたり」、「自分が囮になって味方のシュートを助けます。」

ムーチン
ムーチン
続いては、守備の動き方です

 

前線から相手にミスを誘うプレス

フォワードは前で攻撃だけしているイメージが強いですが

相手のディフェンスが後ろでボールを回している時に、ボールを追いかけて相手にプレッシャーを与えるプレーもします。

前からプレッシャーを与えることで、

  • パスコースを制限する
  • 味方の守備の負担を減らす
  • 相手の攻撃を遅らせる
  • パスを後ろに下げさせる
  • サイドチェンジをさせないようにする
ただがむしゃらにプレスをかけるのは要注意です!

<改善点>

しっかり後ろの味方の指示を聞いて、コースをきりながらプレスをかけましょう

 

参考にするフォワード(FW)サッカー選手ベスト3

1位 クリロナ

彼のボールに対しての執念と嗅覚は天性のものです。

高い打点や裏へ抜け出すタイミングなど、フォワードとしての才能がたくさんあります。

参考にしてみましょう!

▼クリロナが使用しているスパイク

 

2位 メッシ

メッシの足元の技術は誰もが認める技術です。

それ以外にも、味方との連携プレーや決定力、ポストプレーは他の選手と少し別次元のような気がします。

▼メッシの使用しているスパイク

 

3位 ムバッペ

若きスピードスタームベッペの特に注目して欲しい点は”裏への動き出し”・”高い守備力”です。

足が速いというのもそうですが、タイミングと守備の目がボールにいった時の動き出しが参考になるでしょう。

▼ムバッペが使用しているスパイク

 

おすすめサッカースパイクTOP11!【大学のサッカー部男子が勧める】 サッカーを10年以上やっている僕が紹介するサッカースパイク人気TOP18個について全て網羅し、紹介します。 これまで小学生...

 

フォワード(FW)フォワードの役割と動き まとめ

こんな人がフォワード(FW)に向いているや動き方がわからなかった人はどうでしょうか!?

多少、力になれたと思います!サッカーは動画を見たりや頭で考えても上手くはなりません。そこからどれだけ実戦で使えるようになったかが重要です。

ムーチン
ムーチン

ぜひ、フォワードの方は点を量産して欲しいと思います!

 

ではでは…

 

フォワード(FW)関連本一覧】

 

サイドバック歴5年が語る サイドバックの役割、求められる動き こんにちは、ユーチンムーチンです。 今回はサッカーにおけるサイドバックについて書いていきたいと思います。 ...