大学生活

大学生は今すぐに情報発信をするべき!!発信力はこれからの時代、武器になる

こんにちは、最近動画作成にハマっているユーチンムーチンです。

今日のメインテーマは「発信力を大学生・高校生のうちから鍛えておくべき」という理由はわかりますか?

 

僕は発信力を若いうちから鍛えとく必要が必ずあると断言できます。

 

僕も大学入った当初は発信なんて、自己満に過ぎないとか思ってました。しかし、「発信」とはただ自分の意見を述べるだけではないとわかりました。

なので、多くの学生にもっと発信力を鍛えて欲しい!です!

 

あなたが大学生で何も持ってなくてもどんどん発信していけばいいんです。

 

大学生だからこそ発信していかないとダメなんです。

▼manabuさんはこんなことを言っている

 

 

発信力とは

人によっては発信力についての定義が異なるかもしれませんが

僕が言う発信力とは「自分の思っていることや世に対しての意見について述べること」です。

 

発信力とは、「自分の意見や考えを相手にわかりやすく伝えられる能力」を意味します。ただ単に発信すればいいのではなくて、相手にしっかりと伝わらなければ意味がありません。
引用:発信力とは?意味は?ビジネスでは発信力のある人が求められる!

発信力を鍛えるとこんな風に変わる

僕が主にブログやTwitter・youtube・instagramなどのSNS関連で発信することによって何が実際変わったのか?

僕は主にこれらの発信サービスで大学生向けに役立つ情報、きっかけを与える情報を発信しています。

人との繋がりはこのように変わりました。

  • 他大学生との関わり→ツイッターでDMが来て電話をする
  • 同大学生との関わり→部活動の先輩や後輩・同期

 

お金を稼ぐというビジネスという面ではこのように変わりました。

  • Googleアドセンス→収益が入る
  • アフィリエイト→アマゾンアソシエイト・A8.netなど

 

能力としてはこのように変わりました

ムーチン
ムーチン
これが実際一番大きい
  • マーケティング力→自分でどうしたらフォロワーが増えるのか。どのようなデザインにしらpvは上がるのか? 広告はどこに貼ればいいのか。
  • ライティング力→ブログで膨大な数の羅列をどうしたらわかりやすく読者に伝わるのか。
  • ブログ・サイト運営力→デザインや広告・見た目
  • ブランド力→自分の名前がどうしたら世に広まるのか。
  • ブログ立ち上げノウハウ→サーバーやドメインと言われるものの契約、各種設定して
    自分のブログを作るために必要な力がついた。

このように様々な能力や人脈を作ることができました。これからはもっと作られていくでしょう。

 

アウトプットは最大のインプット

 

発信を行うツールはいくらでもある。でもまずはTwitterから

なぜ、ツイッターから?と思う人もいると思いますが

理由は3つあります。

  1. 141文字以内の短文だから
  2. リツイートやハッシュタグの拡散力が強い
  3. 誰もが登録している

この3点です。

141文字以内の短文だから

ブログのような1つの記事に1000文字以上あると読む気は失せますが、短い文なので誰からでも読みやすい。

そして、141文字以内に伝えないといけないので自分の言いたいことを「まとめる力」が身につきます。

今の大学生はリイートやいいね!は押すけど、自分で投稿をすることはしません。

ムーチン
ムーチン
つまり、自ら発信しない人が多いです。

だからこそ、この色んな情報飛び交う時代で大学生は動画コンテンツを主にピントを当てて見るので

その中でアウトプットを積極的に行うということは同じ大学生でも頭一つ抜ける希少価値のある存在になれます。

リツイートやハッシュタグの拡散力が強い

 

Twitter

  • 月間アクティブアカウント数:3億2,600万
  • デイリーアクティブユーザー:1億3,400万 11%増加(前年比)
  • 国内月間アクティブアカウント数:4,500万超

Twitterは以下のような数値を公式サイトTwitter JapanアカウントTwitter Q1 2019 Shareholder Letterで発表しています。

 

Facebook

  • 月間アクティブユーザー数:23億8000万人(2019年3月時点)
  • デイリーアクティブユーザー数:15億6000万人(2019年3月時点)
  • 国内月間アクティブユーザー数:2,800万人

Facebookは公式サイトや公式イベントなどで様々な数値を公開しています。

Twitterにはリツイートやハッシュタグという機能がついており、普通は検索しないと自分が欲しい情報が得られないが

リツイートやハッシュタグすることで友達の友達のやっていることが見えたり、自分の興味ある情報にいきつくことができます。

なので、人が面白うと思うコンテンツにはみんなリツイートをし、勝手に拡散されるのでとても便利なのです。

誰もが登録している

Twitterを使っている人は世界で何人もいます。

デイリーアクティブユーザー:1億3,400万

1日でTwitterを使うユーザの数は1億人も超えています。

Facebookに続いて2位のユーザー数です。1

自分の情報は世界のあらゆる人が観れるというわけです。

どんなことを発信するべきなのか!?

ムーチン
ムーチン
マジでなんでもいいが正解です。

自分の好きなこと・自分がこれまで学んできたこと・資格・やってみて楽しかったこと

あまり、考えが思いつかない人は

自分が5・10年以上継続してきたものを発信するのをオススメします

この記事は絶対に見るべき! ▼

【攻略法】基本的に「ブログは無理ゲー」です【月600万を稼げました】

  • 手順①:自分の得意分野を明確にする
  • 手順②:得意分野と需要を掛け合わせる
  • 手順③:記事を仕込みつつSNS発信する

残念ながら大半の人は「自分には誇れる強みなんてないです…」と思いますよね。

その際に大切なことは「無意識で3年以上は続けていること or よく友達に聞かれること」ですね。

無意識に3年ほど続いていることなら、その分野であなたは豊富な知識を持っている可能性が高いです。そこを軸に発信しましょう。

 

発信力はこれからの時代武器になる。

[あなたの一言が1人の人生を変えるかもしれない]

発信を続けると自分に共感するファンが増える。

共感される

発信が楽しくなる

結論:発信は自分の力になる

発信したいけど、「こんな自分なんかが、、、」・「スキルも資格も持ってない」・「プロフェショナル」と自信がない人や不安な人もいると思います。

それは勉強でもスポーツでも仕事でも、どんな場面でも一緒です。チャレンジすることをやめたら一生後悔します。

いつまでも「まだ発信できるレベルじゃないので..」と言っていては、知識だけを得るだけでいつまでも発信できない状態に陥ってしまいます。

 

今、どれだけ影響力ある人(まなぶさん・イケハヤ)も最初はまったく無名だったのです。

それからたくさん発信して、影響力をもってたはずです。

大学生だからこそ発信しましょう!

誰でも情報発信をすることで影響力を持てるこの時代に自己発信をしないのはもったいない

こんな記事もおすすめ